特別な補償

説明を聞く夫婦

ゴルフは屋外のとても開放的な空間でプレーのできるレジャーです。 池やバンカーなどの配置によってかなりの難易度にもなるわけで、それを克服するために挑戦をすることも大きな楽しみとなります。 そんなゴルフで人生で一度は出してみたいのが、ホールインワンです。 まさに万に一つの確率で一打で決まるわけですから、同じくラウンドをしたメンバーや周囲からも祝福を受けることになります。 ホールインワンは人生で一度あればいい貴重な経験です。 それだけにそこに居合わせた人たちに喜びを共有してもらうことがある種のマナーにもなっています。 しかしせっかくホールインワン、もしくはアルバトロスを出したにもかかわらず自腹で出費をしなければならないのは少し残念な気持ちになってしまいます。 そこでゴルファー保険の活用をすることができます。

ゴルファー保険はグル負の際の対人や対物といったケガの補償のほかにも、ホールインワン補償があります。 ホールインワンを取ったことによる贈呈用記念品の購入や祝賀費用などをゴルファー保険で補うことができます。 ただ注意しておきたいのはゴルファー保険におけるホールインワンは、客観的な目撃が必要になります。 キャディーを同行させていなかったり、その瞬間の映像がないという状態では、たとえラウンドしたメンバーが口々に証明をしようとしてもそれだけでは証拠が不足していますので保険金が出ることはありません。 いつ出るかわからないホールインワンやアルバトロスですが、その瞬間を客観的に証明することができなければゴルファー保険の活用はできません。